色あせた帽子を染色する|コールダイオールの使用感

その他のDIY

はじめに

仕事で使っている帽子が、だいぶ色あせてきました。

やつれた感じの帽子になりましたが、染色剤をつかって色染めすれば、復活するということを知りました。帽子2つとも元の色が紺色なので、一緒に紺色でプチDIY染色にチャレンジしてみようと思います。

果たして新品に近い色どりに戻ってくれるのか・・?

色あせた帽子

染め液づくり

色あせた仕事用の帽子2つ(合計約140g程度)をネイビーブルーで染色します。

近くのホームセンターで売っていたみやこ染の染料 コールダイオール(ネイビーブルー)を使ってみます。

準備

  • コールダイオール 250g用の半分10g
  • 熱湯250mL
  • 溶かし用耐熱容器
  • お湯約3.5L(約40℃)
  • 塩30g
  • まぜ棒
  • たらい
  • 計量器
  • ゴム手袋

作業

・染料10gを計量器で計りとる

・染料が溶けにくいので、熱湯250mLで溶かし込む

・お湯3.5Lを用意してたらいに入れる

・塩約30gと溶いた染料をたらいに入れる

・たらいの染め液は約4Lになる

染色

作業

・衣料はあらかじめ洗って濡らしておく

・染め液に浸し、ムラにならないようよくかき混ぜる

・時々かき混ぜながら、30分漬け込む

染色液を揉み込むように・・

洗い(ソーピング)、色止め

準備

  • 中性洗剤
  • ぬるま湯 約4L
  • 自作色止め液(水3.5L 酢200mL 塩大さじ4)

作業

まずはソーピング。これも、色止め効果があるらしい。

・染め液から取り出して、水で軽くすすぐ

・ぬるま湯 約4Lを用意し、中性洗剤を適量入れる

・衣料を入れて洗う

・数回すすぐ。洗剤の泡が落ち切るくらいまで

続いて色止め作業。自作なので効果あるかは不明。

・自作色止め液を用意。

・衣料を入れて、30分置く

・脱水

最後に、陰干しして終了です。果たして結果は・・・?

結果とまとめ

染色前の動画
染色後の動画

さて、乾かした後の仕上がりを見てみると・・・

『大満足』でした。

左の帽子:

  • ツバの付け根が白かったのが、目立たなくなった。
  • 正面のデザインが染色で暗くなるかと思っていたが、おそらく繊維の性質が染まらない種類でデザインされていたので、暗くならず、周囲が濃紺になることで、かえってデザインがきれいに際立った。

右の帽子:

  • 全体的に白っぽかったのが、きれいに濃紺に染まって新品のようになった。

いずれの帽子も色落ちで古ぼけていたのが、かなり新品に近く復活した感じになりました!

定期的に行うことで、きれいな状態を長く維持できそうです。

これだけの効果を感じられるのであれば、他の古ぼけた衣料にも試してみようという気になりましたね。

ちょっと染色に関心が深まりました。

安価で衣類の刷新が可能なDIY染色。

皆さんもチャレンジされてみてはいかがですか?

コールダイオールの染め方

コメント

タイトルとURLをコピーしました