太陽光パネルの掃除

パネルに鳥の糞 太陽光発電 運用実績

『屋根の上に乗せる太陽光パネルより、圧倒的にベランダの太陽光パネルの方がいい!!』

なんて負け惜しみのように言える部分があるとすれば、

「パネルの掃除」です。

最近、ちょっとパネルを見てみたら、なんと鳥のフンが・・・
パネルに鳥の糞

鳥のフンだけではなくて、沖縄は雨に塩分が含まれ安いので、雨が降っただけでも、乾くと表面に塩分や汚れがいつの間にか溜まってくるものです。

このようなパネル表面の汚れのせいで、発電量が下がります。

ちなみに、屋根の上の太陽光パネルは通常4年間に1回程度のメンテナンスが推奨されています。

その費用は平均1回で2万円程度だそうです。
ソーラーパートナーズより

しかし、自作DIYのベランダ太陽光パネルでは、メンテナンスもラクチンです。

我が家の設置場所では、手を伸ばして、雑巾で拭くことも可能。

あるいは、このような「クイックルワイパー」で使い捨てのシートを使えば、拭いてポイッでメンテナンス終了です。

クイックルワイパーでパネル掃除

ベランダ太陽光パネルはメンテナンスが簡単なので、気づいたらすぐにメンテナンス!

いつでも最大限の発電量を保つことができそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました