Q.チャージコントローラーに直接負荷をつないでもいい?

チャージコントローラーに直接インバーター 自家ソーラー発電 Q&A

自分が使用しているチャージコントローラーの負荷端子にはマニュアル通りに組み立てると、何も接続しないことになっています。

おかげでせっかくモニタ付きのコントローラーなのに、負荷表示はゼロのままです。

では単純にインバーターをバッテリーではなくて、直接チャージコントローラーに接続してみたらどうだろう?

と、考えたわけです。

日中の日照時にしか使えませんが、チャージコントローラーの負荷表示もモニタに数値表示がされるようになるでしょうし、バッテリーを介さないことでバッテリーも長持ちする、というメリットが得られそうです。

そして、調べてみました。

 

結論

「現状ではやめておこう」

理由

・インバーターは起動時に大きな電流が流れるため、場合によってはチャージコントローラーに大きな負担がかかり、故障する可能性があるらしい

・無事に繋いだとしても、日中の太陽光パネルからの電流は不安定で、携帯の充電程度にしか使えないのではないかという憶測

・販売元のQ&Aページでも推奨していない。

いずれも、ネット上からの情報での手前勝手な判断に過ぎませんが、やはりバッテリーを介することで、電流と電圧が安定して供給され、使用する機器に余計な負担を与えないで運営できるとのこと。

やはり、マニュアルにある接続方法には意味があるようですね。

さらに、販売元のQ&Aページによると、チャージコントローラーにある、負荷接続端子は、直流の電荷を使うときにのみ使用する想定なのだとか。。

※参照ページ
https://item.rakuten.co.jp/looop-shop/c/0000000205/

専門家が言っているのだから、素人の私がやらない方が身のためですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました