太陽光パネルからの充電量が減った原因と対策

パネルに影 ベランダ太陽光 接続&設置

先月の充電量不振を対策するためにパネルを調べていたら、根本的な問題に気が付きました。

あまりに単純な原因だったので、我ながらおのれのアホらしさが恥ずかしいのですが、備忘録がてら記載しておきます。

原因は、『影が映りこんで、太陽光がパネル全面に当たっていなかった』

という単純なことでした。

ベランダパネルに影

太陽光パネルを屋根の上ではなく、アパートのベランダに設置しているので、太陽が高くなるにつれて、屋根の影がパネルに映りこんでいたわけです。。苦笑

沖縄の太陽高度は夏場は南中時にはかなり高くなります。
那覇市は北緯約26度なので、

夏至の南中高度 = 90 – 26 + 23.4 = 87.4度

6月末には、正午には太陽がほとんど真上を通るという計算になります。

設置したのが冬でしたので、日光は斜めから入り込んできていたので、パネル全体に光が当たっていたのですが、夏に近づくに連れて、光が全面に当たらなくなっていたのです。。

設置したらほったらかしだったので、気付かんかったわ 笑

 

そもそも沖縄の強力な夏の日差しを電力に変えるために、太陽光パネルを設置したのですから、このままでは納得できません。

GWを利用して、自作パネル架台を外して改良。
電動ドリルで穴を増やして、パネルとの接続金具の位置をずらしつつ、パネルをベランダから落ちない程度に、なるべく陰にならない位置で設置できるようにしてみました。

さらに、パネルの角度もほぼ水平に。
沖縄の夏に太陽光を取り込もうとすると、角度はこれくらいなんですねぇ・・

太陽光パネル ベランダ位置調整

台風時には取り外す必要もありますし、全て自前でやっているので限界はありますが、今までよりはマシな位置に設置できたので、何とか今月以降の充電量を上げていきたいところ。

お金を掛けずにやるのは大変ですが、これも勉強。。
楽しみながら改善しております。

さてさて、今月は充電量最高記録更新となるか・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました