バッテリーを初めて計測

バッテリーの測定 バッテリー管理

バッテリー診断機(Meltec ML-100)を購入したので、さっそく我が家の太陽光用バッテリーと自家用車のバッテリーを測定してみました。

バッテリー診断機

測定に当たっての初期条件

バッテリー診断機で測定する際に、バッテリーの規格に合わせた初期値を設定する必要があります。

その際にちょっと困ったことがありました。

乗用車用バッテリー

我が家の軽自動車に搭載されているバッテリーはJIS規格の12Vバッテリーです。まぁ普通のバッテリーですね。

上部にJIS規格として「40B19」と記載されています。
このバッテリー診断機ではJIS規格で設定できますので、この規格値で測定すれば問題ありません。

ちなみに、自動車自体は、2017年6月に購入して中古車です。
バッテリーは新品が乗っているとは限りませんね。。(当時確かめませんでした。)
もしかしたらもっと古いものが搭載されているのかもしれません。

太陽光用バッテリー

こちらが測定上、ちょっと問題でした。
このバッテリー、そもそも購入時に長期間使えるものが欲しかったので、産業用バッテリーという区分に属している密閉型ディープサイクルバッテリーです。

購入したバッテリー診断機は12V用の自動車用バッテリー診断機ですが、密閉型にも対応しているので、測定には問題ないと思っていました。

しかし、診断の際に入れる基準値をどうすればよいかが分かりません。

このバッテリー(SEV12-105F)は輸入品で、JIS規格のバッテリーではありません。
JIS規格の設定が使えないので、クランキング電流(CCAの初期値)でバッテリーの種類を設定するようなので、調べてみたのですが分かりません。

そこで、バッテリーの輸入元の会社に訪ねてみたら、以下のような答えでした。

ご質問のCCA値についてですが、CCAは主に自動車始動用バッテリーの
始動性能を図るための数値になります。

現在ご使用いただいておりますSEV12-105Fはサイクルバッテリー
(繰り返し充放電を繰り返して使う。)のため、CCAという値の設定はなく、テスターでの寿命確認などは難しいのが現状です。

オフィシャルの数値ではありませんが、当社で計測した初期値は800A前後になりますのでご参考までにしてください。

※CCA値はあくまで目安にしかならず容量や寿命を計測するものでは
ありませんので、ご理解をお願いします。

CCA値はスターター用バッテリーに使う値で、ディープサイクルバッテリーでは目安にしかならないようですね。

まぁ、せっかくなので初期値800Aで設定し、測定してみることにしました。

項目 太陽光バッテリー 乗用車バッテリー
型名 SEV12-105F 40B19
開始年月 2017年11月 2017年6月
基準CCA(目安) 800A 270A
使用期間 1年3か月 1年8か月?
測定電圧 12.88V 12.34V
CCA値 630A 200A
内部抵抗 4.7mΩ 17.4mΩ
劣化状態 62% 54%
充電量 98% 58%
総合評価 Replace Charge,Retest

総合評価には5段階あります。

表示 評価 内容
GOOD BATTERY 100%~86% バッテリーは良好。充電量も十分。
GOOD RECHERGE 85%~51% バッテリーは良好。充電が必要。
CHERGE RETEST 50%~16% バッテリーを充電してから再測定が必要
REPLACE 50%~16% バッテリーの交換時期
BAD CELL REPLACE 0%~15% バッテリーの交換をすべき

太陽光バッテリー

初めて測定してみましたのでちょっと基準がよく分かりませんが。。
太陽光バッテリーでなぜか「Replace(交換時期)」とでました。

劣化状態が61%で「REPLACE」の表示が出るんですね。。
実際の使用感では、そこまで劣化している感じもしません。
確かに、電圧の減るスピードが速くなった気はしますが・・。
今まで測定していなかったので、何だかよくわからないのが正直なところ・・。

乗用車バッテリー

ちょっと充電量が足りませんでしたので、後で充電後に測定し直すべきなのでしょうが・・。

太陽光のバッテリーと比較して、バッテリー内部抵抗が大きめの数値が出てきました。

これが問題な気がしますね。。

コメント

  1. […] っていうか、CCA値は初期設定の800CCAを超えています。 まぁ、もともと以前の記事(※産業用バッテリーは寿命確認できない?)で書いている通り、ディープサイクルバッテリーの測定自体があてにならないし、CCA値は参考程度にしかならないのだと思います。 […]

タイトルとURLをコピーしました