DIY 端材で自作マーキングゲージ

木工DIY

はじめに

墨付け時に重宝する、ミニ定規のマーキングゲージ。

マーキングゲージは、墨付け(材料に印をつける)するときに長さを正確に測れますし、同じ長さの部分を何度も墨付けするときなどに便利です。

もちろん、専用のものを買うことは出来ますが、それでは面白くない。
無料の端材DIYで、マーキングゲージを自作にチャレンジです。

道具箱の中に見つけたステンレス製のミニゲージ。その他の材料も0円。
すべて家にあったものです。

用意した資材。全て家に転がってたもの。(留め具用抑え板は後程変更)
  • 本体用板(端材)
  • 留め具用ボルト(スチールラックの足の余り)
  • 留め具用ナット(M6)
  • 留め具用抑え板(当初家具のレンチを加工しようかと → 後程、文具カバーの樹脂板に変更)

制作ギャラリー

1.本体の加工

2. 留め具部分の加工

本体板に、留め具用のボルトとナットと留め板を組み込みます。

3. 組立て・塗装

完成・おわりに

簡易的なマーキングゲージですが、素人DIYにしては、まぁまぁよくできたんじゃないでしょうか。

ちゃんと定規がスライドして、ボルトを締めるとしっかり留まります。

今後の墨付けするときのライン引きに重宝しそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました